サイトマップ

就職者の声

就職内定者の声

◆日本郵政◆   YBさん


Q. いつごろ郵便局へ就職しようと決めましたか?
私は志望進路を最終決定したのは遅く、3年生の6月ぐらいまで専門学校と就職で迷っていましたが、7月になり企業から新しい求人票が手に入る頃になって就職することに決めました。父からの勧めもあって郵便局の就職試験の受験を決めました。
 
Q. 試験対策はどのように行いましたか?
試験は国語・算数・適性・面接でした。算数に関しては小学生用のドリルなどを買って勉強しました。面接練習は淵江の色々な先生にしていただきました。
 
Q. 郵便局での仕事の様子を教えてください。
現在私は郵便局の窓口で働いています。郵便・貯金・保険などあらゆる仕事をしています。私は郵便の仕事を主にしたかったのですが、ほぼ貯金と保険がメインです。ノルマ重視なので、営業職という感じで働いています。大変ですがやりがいがあって楽しいです。お客さんから「あなたは郵便局に向いている、局内が明るくなった!」とよく言われるのでうれしいです。
お金や個人情報を扱ったりするので1つミスしただけでも大事故につながります。ですから色々と勉強することも多いです。私は高校在学中「これ以上勉強はしたくない」という理由で、就職を選んだりもしたのですが、就職してみると「これからもずっとずっと勉強が続いてくんだな」と実感をしています。
 
Q. 今から振り返り、淵江高校での生活はいかがでしたか?
淵江高校は相当ラクでした。私は淵江で良かったです。淵高生だったから中央委員をしながら活発でいられたし、文化祭の飲食団体で楽しむこともできたし、郵便局に就職できたのだと思います。
 
Q. 淵江高校在校生に対して何かアドバイスありますか?
就職志望者は、しっかりと求人票を見てください。よく給料面だけ見て就職先を決めてしまう人がいますが、休日やら通勤経路など色々見てから決めるとよいです。私の場合は、休日がしっかりとれる、ということで郵便局を選択したことがとてもよかったです。



 

◆(株)グレープストーン◆ SH君


 
Q. いつごろ就職しようと決めましたか?
中学生の時は美容師になりたかったのですが、高校入学後だらけてしまって、勉強しなくなり、こんな状態で進学したらきっと遊んでしまうと思い始めました。その後自分は就職してお金を貯めようと決心し、親からも「自分のやりたいことをしなさい」と言われて、就職を決めました。
 
Q. なぜグレープストーンに就職したのですか?
僕は優柔不断で、迷いだしたらきりないので、もたもたせずに夏休み前、膨大な求人票の中から一気に2社だけ選び出しました。その2社で迷ったのですが、仕事内容を比較すると、営業より人と接する時間の長い販売の方がよいと思いグレープストーンに決めました。東京ばな奈やバームクーヘン等を製造している会社です。グレープストーンは求人票に「やる気・元気・笑顔」と書いてあり、実際見学してみて、男性社員の接客の姿がとてもかっこよく見え、また担当の人も優しいし、お菓子がおいしいということもあり、最終的にグレープストーンに決めました。
 
Q. 仕事の様子を教えてください。
東京駅構内の店で働いています。立ち仕事なのでとてもキツイです。早番とか遅番などがあり、現在遅番を担当しています。遅番は13時に出勤すると14時にすぐ休憩、休憩が終わると、間に15分休憩をはさんで10時半まで5時間以上ずっと立ちっぱなし、という変則的な時程になります。
一日中店が混んでいて忙しいので、とても疲れるのですが、混んでいると時間がどんどん過ぎていくのがよいです。店がヒマだとすることがなく、精神的にキツイので。
ヘトヘトになったり、仕事中落ち込むこともあるのですが、同僚のアドバイスに助けられたり、お客さんの「ありがとう」の言葉に救われたりします。先輩にもかわいがってもらい、今自分でも驚くほど頑張れています。高校を卒業してすぐに社会人モードへとスイッチが完全に切り替わった感じです。
 
Q. 今から振り返り、淵江高校での生活はいかがでしたか?
担任の先生に恵まれ、友達にも恵まれ あっという間の3年間でした。在学中は特にコミュニケーション能力が身についたように思います。交友関係はとても広くなりました。3年生の時の体育祭では、淵江高校では初めて応援団の活動が認められ、団長中心に一つ一つ作り上げて成功へと至ったことが一番の思い出です。
 
Q. 淵江高校在校生に対して何かアドバイスありますか?
高校でやりたいことをやめて進路を決めるような人がいますが、僕はやりたいことはしっかりやり、進路活動も真面目に取り組んでいくことをオススメします。
高校在学時の今苦しんで、あとあとラクをしていくとよいと思います。
 

〒121-0063 東京都足立区東保木間2-10-1
電話 : 03-3885-6971 ファクシミリ : 03-3860-1308